• いろいろな散気管の特徴

    散気管には様々なものがあり、例えばメンブランゴムによるスリットが入ったものはマイクロバブルを生じさせることができます。酸素などガスの溶解率や溶存濃度をアップさせることもできます。


    配管の中への逆流水や目詰まりなどを防ぐものもありますが、そのメリットは管の寿命を延ばすことによるトータルメンテナンスコストの抑制です。

    納得の散気管の詳細はこちらで簡単に調べられます。

    エアーの消費電力のを抑えるために低い圧力で微かい泡を生じさせることが可能なものもあります。強アルカリ性や強酸性の液、有機溶剤、高温の液といった特殊なものに対して使用できる、セラミック製のものもあります。
    アルマイトやメッキにおける表面処理をする際、高速処理できるものも人気です。
    光沢を出せるものを選ぶ人も多いです。

    他に炭酸ガスや窒素ガス、オゾンをはじめ特殊なガスに対して使用できるものも開発されました。
    水中だけでなく大気中におけるガス拡散もサポートしてくれます。

    上記の特徴的な散気管は既存の散気管や散気装置と置き換えることもできます。寿命がきた、不具合や故障が多くなったなどという時は交換してください。
    小型の浄化槽向きの散気管もありますし、大きな排水処理施設で使える散気管もあります。



    選ぶ際は特徴だけでなくそのことも考慮してください。



    場所あるいは環境に応じたものを選んで使いましょう。


    どれを選択すれば良いか分からないという人は、そのメーカーに問い合わせたり販売店に聞いてみたりしてください。