• 散気管それぞれの特性とメリット

    散気管は一言で言えば圧縮された空気を泡にする装置です。


    この装置を使うと、その生物反応槽で活性した汚泥また接触材に付いた生物膜に酸素が供給されて槽内が攪拌します。この散気管は養殖場などで活躍します。廃水処理場や下水処理場、河川でも使用されます、さらに活魚や熱帯魚などの散気装置としても使われます。
    エアーが均一に拡散されるものであれば長時間使っても目詰まりが少ないでしょう。圧力の損失も少なくモーターにそれほど負担がかからないゆえ省エネ効果も期待することができます。


    酸素溶解効率が高いものは脱臭効果が高いですし、高温や薬剤にも強いです。

    散気管について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

    二酸化炭素やオゾンなど気体の撹拌効果も群を抜いています。

    またアルマイトやメッキなどの表面処理を高速化したり、光沢度を改善したりすることもできます。



    特徴を把握して、それを活かせる環境で使ってください。

    使う散気管が目詰りしにくいかどうか気になるかもしれません。


    目詰りして数ヶ月で交換しなければいけなくなったケースもあります。

    目詰りしにくいか見極める方法はあります。専用のゴムシートに穴をいっぱい開けたタイプの散気管はそれぞれの目が詰りやすいです。
    ただしこのタイプにもメリットが多くあります。



    一般的なゴム製ではなくシリコン製のものは目詰まりが抑えられます。
    大きなエアー吐出口が設けられたタイプの散気管でも目詰りします。
    一方でメリットもありますから、それぞれを踏まえましょう。