• 色々な散気管とその特徴

    超微細な気泡を発生する散気管なら目詰まりしませんし、圧力が損失するようなこともありません。

    散気管の詳細は専用ホームページで紹介しています。

    また酸素溶解率も非常に高いですし、省エネでもあります。

    産業排水や下水を処理するための酸素移動率が高い散気装置も人気です。これはブロワー電力を大きく低減し省エネにしたものです。
    その強い取り付け強度も特徴でしょう。


    52パーセントと世界最高レベルの酸素溶解率を誇るマイクロバブル散気管の需要も増えています。

    他にも低コストが嬉しいメンブレン式、塩ビ管をそのまま繋いで接着固定できるものもあります。
    これらの散気管で用いるものは排水処理剤だけではありません。

    硝化抑制剤や脱塩素剤、脱窒促進剤なども用います。



    油脂分解促進剤また油脂吸着マットなどもそうです。


    この散水管は水を散水する穴を開けた塩ビ配管です。
    その温水を大気と接触させて冷やす熱交換器として使うこともできますし、薬品を散布する装置にすることもできます。

    液体だけでなく気体である空気を放出させるために使う人もいます。



    薬品や高温に耐性があるセラミック製の散気管であれば、メッキやアルマイトなどを表面処理することもできるでしょう。
    炭酸ガスやオゾンガスといった特殊ガスの吹き込みにおいて、細かい泡として液中に吹き込むこともできます。


    特別にカスタムした散気管を使用する化学工場なども登場しました。

    食品リサイクル工場や製パン工場などの中でも特別なものを使う所が多く見られます。