• 散気管の排水水準は悪い環境下で試してみる

    汚水の排水に悩まされてきた人にとって、どのような散気管を選ぶのかは慎重にする必要があります。

    散気管の実力を示す簡単な方法は、汚水の条件が悪い所で目詰まりが無いかを確認してみることです。目詰まりをすれば、排水処理の不調に悩まされることになりますし、無駄な費用がかかってくるのを覚悟する必要があります。
    目詰まりがあれば定期的な交換とはいかず、数カ月で交換するようなことになるのです。
    日本の散気管の技術は、高いレベルにあることが国際的に認められています。
    エアーの通り道を複数個にするか完全に一つにするかでも目詰まりに関係してくるのです。

    エアーを汚泥が抜け出すには一つのほうが通りやすいと言われています。

    散気管に必要とされるのは、圧倒的な酸素溶解力になり経過時間でどれだけの融解がされるかを測定することが重要です。

    散気管の最新情報が知りたい方にはこちらです。

    また、省エネのために消費電力が低いものを選ぶことが大事になります。



    汚泥の削減で油分や微生物を少なくすることが出来るかが選ぶ際の重要ポイントになるのです。
    わが国では、使い勝手の良い場所で汚水を処理できることより、条件の悪い非常に条件の悪い場所で威力を発揮する散気管の開発に努めてきたのです。

    汚臭や油の処理に威力を発揮して目詰まりを起こさないものを生み出してきています。



    工場の管理者にとってこの技術が向上して、排水レベルが高まることは汚水を川や海に下流放流することにもつながる重要なチェックポイントになっているのです。

  • 散気管をよく学ぶ

    • 排水処理に使う散気管を選ぶ際はいくつかのポイントを抑えてください。酸素溶解率、目詰りしにくさ、破損しにくさ、他にそのエアーの流れが片方に寄らないかどうかなどもポイントになります。...

  • 散気管の実態

    • 散気管は一言で言えば圧縮された空気を泡にする装置です。この装置を使うと、その生物反応槽で活性した汚泥また接触材に付いた生物膜に酸素が供給されて槽内が攪拌します。...

  • 人に言いたい散気管

    • 超微細な気泡を発生する散気管なら目詰まりしませんし、圧力が損失するようなこともありません。また酸素溶解率も非常に高いですし、省エネでもあります。...

  • 初心者向き散気管

    • 散気管には様々なものがあり、例えばメンブランゴムによるスリットが入ったものはマイクロバブルを生じさせることができます。酸素などガスの溶解率や溶存濃度をアップさせることもできます。...